(学生向け)新型コロナウイルス感染症に関わる連絡事項(行動規範)

学生の皆さんへ

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、学生の皆さんにはアルバイトや不要不急の外出の自粛を5月末までお願いしてきました。すでに緊急事態宣言も全国で解除されたことから、下記の通り自粛内容を一部緩和します。
ただし、日常生活において感染リスクがなくなったわけではありません。「三密の回避」、「マスクの着用」、「ソーシャル・ディスタンスの確保」など基本的な感染予防対策及び「毎日の検温・体調及び行動報告」については、今後も継続していただき、徹底をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関わる連絡事項(PDF)

1.移動規制地域について
移動規制地域を「県内までは可」としていましたが、「東北6県までは可」に変更します。就職活動等でやむを得ず規制地域外へ移動する場合は、感染予防対策に万全を期してください。規制地域外へ移動する場合は、クラス担任及び学生課へ事前・事後報告をお願いします。また、帰省地域外移動後は、2週間の経過観察(自宅待機)を経てから、授業への参加をするようにしてください。
※6月末までとします。
※学外実習の2週間前は県外への移動は禁止。

2.アルバイトについて
就業状態に三密環境の回避等の基本的な感染予防対策がとられているものとし、規制を解除します。なおアルバイトをする場合は、必ず学生課へ「アルバイト届」を提出してください。
※学外実習の2週間前からアルバイトは禁止。

3.学外実習について
学外実習に出る学生に関しては、実習先の受け入れ条件に禁止事項が盛り込まれている場合があるため、各実習委員会の指示に従ってください。
【引き続き、日常生活で注意すること,守って貰いたいこと】
①「密閉・密集・密接」を避ける。
②手洗いの徹底。
③マスク着用を含む咳エチケット。
④検温・体調及び行動報告の徹底。
⑤学校発信の情報及びクラス担任からの連絡事項の確認。

なお、状況の変化によって今後の対応が変わることは十分考えられますので、大学からの諸連絡について定期的に確認してください。