新型コロナウイルス感染者の発生について

1月13日、本学の関係者1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

本学が調査した結果、当該関係者は、12月26日以降来学しておらず、行動記録から1月以降に学外で感染した可能性が極めて高いことが確認されています。

 本学では1月7日(木)~15日(金)の期間、オンライン授業を実施しているところですが、今回の件での感染拡大の恐れがないと判断し、1月18日(月)以降は予定通り対面授業を行います。

現在、学内関係者に体調不良者はいないことを確認出来ておりますが、今後も、健康観察を継続いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 ご本人の早期回復をお祈りするとともに、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大防止に努めてまいります。

 ※感染者やご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

令和3年1月14日
東北女子短期大学
学長 島内 智秋