保育科2年生 『劇とミュージカル』が好評のうちに終了

21日㈯、保育科2年生による『劇とミュージカル』の発表が無事終了しました。
当日は、保護者の方々、みどり保育園年長組の子ども達と先生方もお越しくださり、本学の学生、教職員をあわせて220名ほどの来場となりました。

まずは『チャーリーとチョコレート工場』を上演。子ども達は、主人公ウォンカの予想外のそっけなさに大笑いしたり、工場で働くウンパ・ルンパの歌と踊りに「また、来た!」と面白がったり怖がったり、大いに盛り上がっていました。学生達も子ども達の反応に励まされながら、舞台をつとめていました。

『アナと雪の女王』はお馴染みの演目なので、子ども達も一緒に歌ったり、オラフやスヴェンのユーモアあふれる演技に大喜びでした。氷のお城がせり上がるように工夫された舞台装置や、オラフの歌にピアノの生演奏も披露され、2年生の活躍ぶりに1年生は感心しつつ、「来年は自分達も…」と心に期するものがあったようです。

保育科2年生は、たくさんの方々にご覧いただき、感激していました。また今後への力強いエールとなりました。ありがとうございました。
陸奥新報の方も取材に来てくださり、舞台終了後、両監督が取材を受けていました。掲載される記事が楽しみです。