『世界の書籍展』オープニングセレモニーで祝辞を述べ、テープカットを行いました。

   

 10月11日~14日開催の『世界の書籍展』のオープニングセレモニーで、弘前市長さんのご祝辞のあと、私も祝辞を述べさせていただきました。その後、人生初のテープカットを行いました。

 『世界の書籍展』には300点の作品がてんじされていました。印象に残ったのは、世界の豆本、世界一小さい豆本(0.75㎜)、世界最大の鳥類図鑑、世界の大文豪の初版本や貴重な書籍と直筆の手紙です。ヘレンケラーやベートーベンの直筆の手紙が心に残りました。一つ一つから作者の時代背景や苦悩など様々なことに想いを馳せ、胸を熱くしました。

 こうした貴重な物を展示していただけること、関係者のご努力とご尽力に心から感謝しました。本の魅力を改めて感じ、秋の夜長・・・本と過ごしたいと思いました。