授業紹介

【生化学実験】 

理科系の学問の多くは講義等で理論を学んだだけでは不十分であり、それらを実験によって確かめる必要があります。主に「酵素」に関する実験を行い、酵素に関連した理論を確認します。本実験では、調理にもよく使われるトマトを原料とし、その成熟に関与するペクチナーゼを取り上げ、酵素の扱い方法と活性測定法、タンパク質定量法、性質の分析方法を学びます。

【調理実習】 

私たちの健康を保つ上で大切なことは、バランスのとれた食生活です。豊かで安全な食生活を送るためには、基礎的な調理技術と理論の習得が必要となります。本実習を通して基礎的な調理の技術と食品に対する知識を身につけ、望ましい食事作りが出来ることを目指します。

【栄養学実習】 

ライフステージごとの栄養管理の特性を理解し、適切な献立作成の能力及び調理方法を身につける実習です。人間は生きていくために体外から様々な栄養素を取り入れます。本実習では乳児期からエイジング(加齢)にともなう生体の一般的変化に対応して、望ましい栄養摂取のあり方と実践を考えます。