取得可能な免許・資格

○栄養士免許 

【栄養士免許を取得するために学ぶ科目】

食生活論、解剖学、解剖生理学実験、生理学、運動生理学、生化学、生化学実験、栄養学各論、栄養学実習、臨床栄養学、臨床栄養学実習、公衆栄養学、食品学各論、食品学実験、食品加工学、食品衛生学実験、公衆衛生学、社会福祉、調理実習、栄養指導論、栄養指導実習、給食計画、給食実務、給食管理実習 など

○栄養教諭二種免許 

【栄養教諭二種免許を取得するために学ぶ科目】(必須条件:栄養士免許)

教育原理、教育心理学、教育方法・技術、道徳教育の研究、特別活動の研究、学級・生徒理解、師弟対話、教育体験、教職実践演習、栄養教育実習、学校栄養指導論、情報処理 など

○医療管理秘書士資格 

【医療管理秘書士資格を取得するために学ぶ科目】

解剖学、解剖生理学実験、社会福祉、情報処理、医事知識、医療秘書実務、医療事務総論、医療管理学、診療報酬事務演習、医療情報処理演習、事務機器演習、簿記 など

○フードサイエンティスト 

生活科で開講されている所定の講義及び実験・実習の単位を取得し、食品科学教育協議会の講師から講習を受けることで取得できる。

食品の科学的な知識を持った技術者に与えられる資格で、企業や研究施設で食品の研究開発を行ったり、食品検査の現場で活躍したりするほかにも、短大や高校で食品関連の実験・実習の助手として働くケースもあります。