概要

保育のプロとしての知識や技術を楽しみながら修得します

教育・福祉の最前線で仕事をするために、基礎理論はもちろん、実技(ピアノ、製作、体育、日本舞踊、和楽器など)を重視した特色あるカリキュラムで柔軟に学びます。

子どもたちとのかかわりをイメージして 展開される授業や実習の中で、子どもへの愛情、仕事への責任感が芽生えていきます。


表現(日本舞踊)

子どもと多く触れ合い、子どものハートをつかみます

学園附属の柴田幼稚園では、0歳から5歳までの新しい保育・教育の試みを続けるために、桜ケ丘保育園分園を併設しています。総合施設モデル事業の指定園にもなったこの幼保一体施設において、時代のニーズにあった質の高い実習が行われています。

また幼稚園・保育所・福祉施設で行われる実習以外にも、実習園行事やキッズイベントにも積極的に参加し、子どもとのふれ合いから数多くの発見や感動を体験しています。


柴田幼稚園観察実習

卒業生の多くが、「子どもと接する仕事がしたい!」という夢を実現しています


やりがいのある保育職の魅力を語る卒業生(就職体験談)
毎年卒業生の90%以上が、幼稚園教諭・保育士・乳児院や児童館などの福祉施設の指導員として就職しています。県外から入学した学生の地元就職の割合も高く、関東方面への就職も増加しています。

近年はさらに「幼稚園教諭一種免許状」や「小学校教諭免許状 」を目指して、進学する人も増えています。

「幼稚園教諭二種免許」と「保育士資格」が同時に取得できます

両免許・資格所有により進路の選択が幅広くなります。
特にいま国が推し進めている「認定こども園」においては、両方の資格を所有して いることが就職の際有利になります。