高校総合体育大会 姉妹校 柴田学園高校のバスケットボールの応援にいってきました。

 6月2日(日)青森県高校総合体育大会に姉妹校の柴田学園高校のバスケットボール部の応援に行ってきました。高校総体2日目、男女とも勝ち残っていました。男子は今年から共学化したこともあり、全員1年生。対戦高校は3年生中心のチームで体格も明らかに違い、対戦前から心配に思いました。ところがそのような心配もどこ吹く風、大きな選手の間をくぐり抜けてシュート!この試合、柴田学園高校、男子勝利でbest8が決定しました。次の試合は第一シードの高校です、どこまでいけるか?と祈る思いで応援しましたが、やはり相手は強かった。大差で負けました。そのような点差でも諦めたり投げ出したりすることなく、最後の最後まで果敢に挑み続ける姿に感動して涙しました。

 女子は準々決勝で接戦を制し勝ち進みました。思いのほか接戦になりましたが、そんな時も自分だけシュートを打つなどの個人プレーに走らず、ボールを次々回していくところから、仲間を信じる気持ちが感じられ、胸があつくなりました。バスケットボール部のみなさん、そして高校総体まで一生懸命に臨んだすべての高校の3年生のみなさん、お疲れ様でした。