弘前市ヒロロスクエア食育フェスティバルで学生が活躍!

 6月2日(日)弘前市ヒロロスクエアで食育フェスティバルが行われました。

 本学からは生活科2年生5名で「おうちでトライ!親子遊び」をテーマに教室を開催。食育研究部の生活科1・2年生7名で「お米マンと学ぼう~ご飯ができるまで~」を発表しました。準備の時から1・2年とも仲が良く、いい雰囲気で行っていました。教室担当の宮地・玉田先生は 「日頃、子どもと接することがない生活科の学生なので、子どもと接することを不安そうにしていましたが、いざ始まってみると、アドリブのセリフをプラスしたり、膝をついて子どもの目線にするなどしていて、なかなかいいぞ!と思いました。」と話し学生が当日の参加した方に合わせて対応していく様子から今後の更なる成長を感じていたようです。

 また、食育研究部担当の中島先生からは「2年生は就職活動もしながら本当によく頑張ったんです。どうしたら大人にも子どもにも興味をもってもらえ、わかりやすくなるのかギリギリまで何度もやり直しをしていました。終わってからの学生の涙に私も嬉しくて。」と教えてくれました。本学での普段の学びが活かされ、学生自身の力が充分に発揮できたことを嬉しく思いました。

 参加した学生のみなさん、先生方、お疲れ様でした。